「新着情報」カテゴリーアーカイブ

中国へ輸入/販売の製品認証義務における規制の改正

自己宣言製品は、必須のCCC製品証明書を受け取ることができなくなりました。製造業者は、自己評価を実行し、オンライン自己宣言システム(http://sdoc.cnca.cn)に製品を登録することにより、「製品の自己評価に関する自己宣言」規制に従う必要があります。製品は製品コンプライアンス情報が提供され、必須の認証マークが貼られた後にのみ、中国で販売或は中国に輸入されます。オンラインシステムへの登録が正常に完了すると、「強制製品適合証明に関する自己宣言」というタイトルの書類(附則資料3の例を参照)が発行されます。
この文献での記述は拘束力のあるCCC証明書です。その後の監視と管理も必要です。

以下のいずれかのケースに該当するかを各社御確認ください:
1)2019年12月31日まで製造業者は、認証機関から必須製品証明書(CCC)を受け取るか、自己宣言を行うかを決定できます。
2)2020年1月1日より製品は製品コンプライアンスの「強制自己認証証明書」を取得する必要があります。必須のCCC製品証明書は発行されなくなります。
3)2020年10月31日までに製造業者は必須製品証明書(CCC)を自己宣言に変更し、CCC証明書を撤回する必要があります。
4)2020年11月1日の時点で認証機関は発行されたすべての製品証明書(CCC)を撤回し、製造元の要求に応じて、任意の証明書に切り替える必要があります。